住宅の最近のブログ記事

地鎮祭の下ごしらえ.jpgのサムネール画像地耐力はスエーデン式サウンディング式で調査の結果40kn/㎡超え。十分。

木造なので、ベタ基礎にする必要は無いが、湿気や害虫や衛生面などを考慮し、防湿シートを敷いて200mmピッチのd10の鉄筋入りの布基礎ベタ基礎併用です。

また布基礎の立ち上がりも、50cmと高めにしました。また350mm深さの地中梁も外周だけでなく、内部にも連続した配置です。

基礎配筋の様子.jpgまた、布基礎立ち上がりの通気口も曲げ強度減少するとせっかくの500mmがもったいないので、ネコ土台のスキマ活用として、大きな穴をあけるのは避けました。

この内容は、建築基準法の定めるレベルよりはるかに上です。

施行いただいた地元の大工さんは、ここまでいるのか?といってましたが、この建物は実は特殊で面積が大きいだけでなく、L型で、端から端までの距離が長いので、地震の時縦揺れの波やその他の要因で、基礎直下の地盤の高さが端と端で差がついた時、基礎が"パシッ"とつっぱってなきゃなりません。

地耐力があるからといって、一般的な最低限寸法の基礎だったりすると、基礎は問題なくとも、建物上部の木部の思いもよらない部分に、ひずみが集中したりする恐れがあると私は考えてます。※イラスト参照

基礎の垂直剛性の必要性-大平面の場合.jpg要するに揺れるときは、部分部分でばらばらでなく、一体となって一緒に揺れるほうが建物は強いわけで、そのために、基礎の一体感や歪を少なくすることが重要です。

しかし建物平面の細長さによって、基礎断面を変えるようには建築基準法はできていません。基礎にかかる"建物からの力"で規定されます。あとは、耐力壁配置と連動した基礎立ち上がりの間隔があるだけです。基礎の変形など想定外なわけです。

このへんを設計に生かすには経験と理論と理解の深さが必要です。

マニュアルと法律だけ頼りじゃヌケやムダがあるし自由が制限されるが、経験だけじゃ経験していない事には甘くなります。関東大震災を経験した大工さんなんか今生きていないんですから。。仮に経験してても1回じゃ十分な経験とはいえません。

top-s.gif

 別邸の設計依頼をいただきました。すでに2008年上旬に建物完成しましたが、順を追って複数のブログ風に紹介します。

普通の別邸ではありません。

海岸から2Kも離れていない良い立地です。

敷地面積約2000㎡越えのうち約1000㎡(999㎡)を開発行為申請で宅地にして、残りは自作農園です。

しかも、水は地下水を利用できます。

建築面積は240㎡。かなり先の話ですが、庭園作りもあります。

確認申請は開発申請からなのでとても時間がかかりました。

 オーナーは、東京でビル3棟を所有しているS氏です。たたきあげで0から資産を作り、やっとゆっくりできる今は、東京半分、故郷の別邸で半分優雅に暮らしたいとのこと。

オーナーの希望は

「都会で過ごした今までの人生では、生きるためにいろんな汚いものや裏表をみてきた。しかし歳を重ねた今からは、純粋で本物の生活をしたい。」

「例えば、床柱などで化粧板が貼ってあるものなどを見ると悲しくなる。もし予算不足になったら、銘木の薄板で化粧した床柱より、節だらけの杉のほうがよっぽど良い。」

 佐藤繊維の佐藤正樹さんに似てます。具体的な形や色や雰囲気の好みは違っても、共通するところがあります。

それでは、先の楽しみがなくなるのでちょっとだけ、画像と文章を紹介します。

 

plan-s.gif

kanabaka.gif

図面は総数で80枚強。その他に、開発、確認申請用にわざわざ作った資料図面もある。

敷地、建物面積、こだわりかた、などを考慮すると、普通の住宅の3件分くらいあった印象です。 

gennkan.jpg hana-1.jpg どこにかにある例と似せてつくるわけでなく、新しいものを作るため、意思疎通には、必要な資料がさらに増えます。
hone-s.jpg

hanare-uti.jpg

大黒柱、棟木の丸太の意匠、数寄屋風のイメージ、離れの床の間の側面に隠し窓があって光が入っている様子

などわかりますか?

 

 

 
     

次は工事中の様子です♪

otoiawasebar-blog.jpg 

rogo-ss.gif

アイテム

  • 渡り廊下.jpg
  • キッチンカウンター.jpg
  • 屋外浴室.jpg
  • 縁側上部.jpg
  • 渡り廊下から母屋廊下.jpg
  • 離れ和室.jpg
  • 渡り廊下から離れ.jpg
  • 渡り廊下.jpg
  • 離れの玄関.jpg
  • 通り土間より囲炉裏.jpg